当事務所は行政書士業務のうち、風俗営業許可・建設業許可・会社設立などの各種許認可の申請手続きを行っております。

風俗営業、飲食店営業許可等 行政書士事務所ダイモン

営業時間

10:00〜19:00(平日)
10:00~17:30(土曜)
(休業日:日曜・祝日)

お気軽にお問合せください

03-3831-1155

産業廃棄物処理の流れ

産業廃棄物の排出

収集運搬

中間処理

最終処分

収集運搬(積替え保管除く)とは・・・

産業廃棄物の収集運搬とは、「排出事業者から排出された
産業廃棄物を収集し、中間処理施設や最終処分業まで運搬
すること」です。
この収集運搬を業として行う者が収集運搬業者です。
産業廃棄物を収集、運搬するに際して、収集運搬の基準が
法令で定められていますので、遵守のうえ業務にあたる必要
があります。
収集運搬業者の役割は、「排出事業者から委託された産業
廃棄物を、法と委託契約に従い、性状を変えることなく、飛散、
流出を伴わないよう留意して、処分業者まで迅速に運搬する
こと」です。

中間処理とは・・・

産業廃棄物の適正処理は、収集運搬、中間処理、最終処分など
個々のシステムがそれぞれ合理的に作用することによって、排出
された最終的廃棄物を自然に委ねられやすいように、あるいは、
廃棄物自身が自然に害や悪影響を与えないように、廃棄物に対し
て措置を加えることです。

廃棄物処理を自然に委ねるための基本的技術は、廃棄物の排出
を最小限に抑えることはもちろん、そのうえで排出された廃棄物を
軽量化、安全化、安定化、無害化することです。

産業廃棄物の中間処理は、この基本的技術及び周辺技術を駆使
して、最終処分の目的が達成されるように廃棄物を加工・処理する
ことといえます。

最終処分とは・・・

廃棄物処理法では、産業廃棄物の最終処分の方法を埋立処分と
海洋投入処分の2つの方法が規定されていますが、海洋投入処分
は、条約により原則禁止とされています。
 また、これらの方法で処分を行うことが可能な場所も規定しています。

埋立処分は、産業廃棄物の無用な拡散や流出を避けるために、陸上
や水面の限られた場所を区切って貯留構造物を造成し、産業廃棄物
を埋立貯留し、より効果的に年月をかけて自然に戻そうとするものです。

最終処分場は廃棄物条件、立地条件、周辺条件の三つの条件によって
その全体像が決定されることになりますが、特に立地条件によって左右
されることが多く、一般的にみていくつかのパターンに分けることができ
ます。埋立処分の類型を立地条件によりパターン分けすると次のように
なります。

①山間埋立・・・山間の谷間を埋め立てるもので、全国で最も数が多い処分場。
②平地埋立・・・平野部にある窪地や掘込み等を利用して埋め立てる処分場。
③水際埋立・・・海岸、湖岸の一部を締め切って埋め立てる処分場。
④島型埋立・・・外周を護岸等によって囲い一つの島をつくる埋め立てで、
海岸の場合はこの例が多い。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-3831-1155

営業時間:10:00〜19:00 (休業日:日曜・祝日)

※申し訳ございませんが、現在お問合せフォームからのお問合せは中止しております。

恐れ入りますが、お電話にてお問合せください。

業務対応エリア

東京都 (台東区・文京区・千代田区・中央区・墨田区・江東区・豊島区・渋谷区・
品川区・北区・港区・大田区・目黒区・荒川区・江戸川区・葛飾区・足立区・練馬区・中野区・新宿区・世田谷区・杉並区・板橋区・その他)
埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県

※風俗営業は上野・湯島・銀座・錦糸町・池袋・新宿などの地域を中心に東京都23区全域を扱っております。

 業務対応エリアはこちら

事務所紹介

行政書士事務所ダイモン

代表者:丸山 直樹

〒110-0005
東京都台東区上野2-8-7
上野広小路永谷ビル601号

ご連絡先はこちら

03-3831-1155

03-3831-8765

事務所紹介はこちら

代表者の紹介はこちら